マンション管理士の年収の規模を推察する材料

マンション管理士の仕事に興味がある人にとって、マンション管理士になったら年収をどれくらい受け取れるのかは、最初に確かめておきたいポイントでしょう。

マンション管理士はまだ歴史が浅い資格であることもあって、他の国家資格と比べるとあまりどんな種類のデータもじゅうぶんに揃ってはいないのですが(実際に、マンション管理士の年収がこれまで正確に調査されているとはいえないようです)、マンション管理士の年収の目安を考えるヒントになることがあります。
マンションの管理組合からのさまざまな回答です。

マンション管理組合が、年間報酬としてマンション管理士に用意している予算金額は、非常に幅があることが以前より報告されています。
なんと、5万円未満から500万円以上まであります。これだけでも非常に幅が広いことがうかがえますが、その中で金額は同じくらいの回答数で分散されているのです(比較的多い回答さえもないという特徴があるのです)。
それでも50万円までが全体の5割となるのですが、その中でもかなり回答がまちまちです(ただし、「希望する年間の報酬額」について調査すると、「できたら20万円までに抑えたい」という回答が半数近くを占めるようです。もっともこれは、マンションの規模(大きさや入居人数や年数等)が バラバラであることを思えば当然のことかもしれないですね。

ここまでの流れを振り返ると、マンション管理士の年収はどう感じられるでしょうか。
管理組合がマンション管理士に払おうとしている金額だけ見ていると安く感じられるかも知れませんが、あくまでも予算金額であることがポイントです。
予算である以上、実際の金額より安めの数値にしてあることが多く、これらの数値から予想されるよりもだいぶ高額の年収を得ているマンション管理士がけっこういます (そうでなければ、ここまで人気のある資格になることもありませんね)。

顧問契約をうまくとっていけば、前の職業のときよりも高い年収をマンション管理士は稼ぎ出していくことができます。
まして今は、管理の行き届かないマンションがどんどん増えて行くことが確実視されている時代です。
マンション管理士の年収は、今後アイデア次第でどんどん膨れ上がっていくチャンスが眠っているといえるでしょう。

>>マン管試験に一発でパスする勉強法とは?