マンション管理士の魅力(難易度が高くても魅力満載です)

マンション管理士の難易度の高さが、密かに話題をさらうようになっています。

マンション管理士の試験

マンション管理士の難易度は率直にいってどうなのか?

将来性の高い資格であるマンション管理士ですが、マンション管理士の試験の難易度は低いとはいえません。正直、試験を受けて合格する人よりも不合格になる人のほうが何倍もいますから。

マンション管理士の試験の難易度は、最初からずっと同じくらいの高さですね。
マンション管理士の難易度は、毎年の試験の合格率をチェックしたらひと目でわかります。

受験者数

合格者数 合格率 合格最低点
平成21年 19120人 1444人 7.6% 34点
平成22年 17704人 1524人 8.6% 37点
平成23年 17088人 1587人 9.3% 36点
平成24年 16404人 1498人 9.1% 34点
平成25年 <5383人 1625人 8.2% 38点

平成26年

14937人 1260人 8.4% 36点
平成27年 14092人 1158人 8.2% 38点
平成28年 13737人 1101人 8.0% 35点
平成29年 13037人 1168人 9.0% 36点
平成30年 12389人 975人 7.9% 38点

10人に1人も受かっていないことがわかりますね。

しかし、これから徐々にマンション管理士の合格率が上昇し、難易度が下落していくとは考えられません。
みだりに「合格者を増やそう」という態度を国家がとることは想像しがたいからです。

国としては、よほどの理由がない限りマンション管理士の試験が受かりやすくなるような変更は行わないでしょう。
……マンション管理士の責務はたいへん重大ですし、ろくな知識もない者にマンション管理士の資格を付与することは許されることではないからです。

マンション管理士の試験では、7割くらいの正答数がボーダーラインとなることが上記の表からうかがえますね。

ただし、毎年数点単位で合格点が上下していますから、7割ちょうどでは安全圏内とはいえません。

表を見ていると、8割の正答数をマンション管理士では目指したくなりますが、それはけっこうな難易度となります。
実際に、毎年1点の違いで泣きを見る受験者が全国で膨大に出てきてしまうのです。

マンション管理士の難易度はこのように、油断ができるものではありませんが、マンション管理士の難易度を克服する方法がないわけではありません。

勉強法を工夫すれば楽になります。マンション管理士に毎年不合格になる人たちは、勉強方法に欠点があることが多いのです。いちばん多いのは独りよがりになってしまうことですね。

自力でやり通したい場合でも、通信教育等を織り交ぜて勉強するようにしてやっていることが正しいかどうかを確かめながら勉強していくようにしたいものです。

コメントは受け付けていません。

Theme by Anders Norén