マンション管理士と管理業務主任者の試験範囲比較

マンション管理士と管理業務主任者試験は、並べて語られることの多い資格です。それは、試験範囲に共通している部分が多いからで、実際、ダブル受験する人も多い資格です。
試験範囲に共通点が多いなら、ダブル受験もさほど苦労しないでできる気がしませんか?
マンション管理士は難関試験なので、滑り止めとして管理業務主任者試験を受けておく、という考え方もアリですよね。

マンション管理士の試験範囲

(1)マンションの管理に関する法令及び実務に関すること 建物の区分所有等に関する法律、被災区分所有建物の再建等に関する特別措置法、マンションの建替え等の円滑化に関する法律、民法(取引、契約等マンション管理に関するもの)、不動産登記法、マンション標準管理規約、マンション標準管理委託契約書、マンションの管理に関するその他の法律(建築基準法、都市計画法、消防法、住宅の品質確保の促進等に関する法律等) 等
(2)管理組合の運営の円滑化に関すること 管理組合の組織と運営(集会の運営等)、管理組合の業務と役割(役員、理事会の役割等)、管理組合の苦情対応と対策、管理組合の訴訟と判例、管理組合の会計 等
(3)マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関すること マンションの構造・設備、長期修繕計画、建物設備の診断、大規模修繕 等
(4)マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること マンションの管理の適正化の推進に関する法律、マンションの管理の適正化に関する指針 等

管理業務主任者の試験範囲

1.管理事務の委託契約に関すること 民法(「契約」及び契約の特別な類型としての「委託契約」を締結する観点から必要なもの)、マンション標準管理委託契約書等
2.管理組合の会計の収入及び支出の調定並びに出納に関すること 簿記、財務諸表論
3.建物及び附属設備の維持又は修繕に関する企画又は実施の調整に関すること 建築物の構造及び概要、建築物に使用されている主な材料の概要、建築物の部位の名称等、建築設備の概要、建築物の維持保全に関する知識及びその関係法令(建築基準法、水道法等)、建築物の劣化、修繕工事の内容及びその実施の手続きに関する事項等
4.マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること マンションの管理の適正化の推進に関する法律、マンション管理適正化指針 等
5.上記1.から4.に掲げるもののほか管理事務の実施に関すること 建物の区分所有等に関する法律(管理規約、集会に関すること等管理事務の実施を行うにつき必要なもの)等

赤字のところが、両方に共通する試験範囲です。
こうして比べてみると、共通する試験範囲がかなりあるのが分かりますよね。
もちろん、マンション管理士と管理業務主任者では試験の難易度が大きく違います。しかし、基礎の勉強は共通して出来るものなので、マンション管理士合格を目標に勉強しつつ、滑り止めとして管理業務主任者試験の勉強も一緒にするのはそれほど無理が無いように思えます。

また、マンション管理士試験の方が先にあるので(11月)、試験が終わったら一気に集中して管理業務主任者試験の勉強をする、という方法も取れます。マンション管理士試験の勉強で基礎が出来ているうちに、その知識を無駄にしないで活かせるのは嬉しいですよね。

こんなに管理業務主任者とのダブル受験をお勧めするには、試験範囲に共通する部分が多いからというだけではなく、実はすごいメリットがあるからなのです。それについては、管理業務主任者試験とのダブル受験のメリットで詳しくお伝えしますね。


>>マン管試験に一発でパスする勉強法とは?