マンション管理士の魅力(難易度が高くても魅力満載です)

マンション管理士の難易度の高さが、密かに話題をさらうようになっています。

マンション管理士の勉強法

マンション管理士合格の勉強時間の目安は?短縮する工夫は?

これからマンション管理士試験に挑戦しようという受験生は、いつの試験に狙いを定めているでしょうか?
合格率10%前後の難関国家資格合格を狙うのであれば、本試験日から逆算して必要な学習期間を算出し、計画を立てる必要があります。

ここでは、マンション管理士試験合格に必要な勉強時間について、考えてみたいと思います。

独学の場合、「1日3時間を1年間」が一つの基準

一般的にマンション管理士試験対策の勉強時間は「600~700時間」と言われています。
これは、知識ゼロ、実務未経験者がイチから勉強を始める場合の目安時間。

どのようなペース配分で学習するかによって必要な期間は変わりますが、

1日3時間ずつ、コンスタントに学習して1年間

  • 700時間÷12ヵ月≒58時間
  • 58時間÷20日間(1ヵ月あたりの学習日数)≒3時間

というのが、無理なく取り組める理想的な学習の目安となります。
もちろん、マンション管理士試験合格に向け、1日3時間以上の勉強時間を確保できるのであれば期間はさらに短縮しますし、一方で上記を満たせない場合にはさらに受験に要する期間は長くなります。

しかしながら、「1日10時間」等のような無理のある計画では無謀ですし、一方で「1日30分ずつ」といった受験期間がやみくもに伸び伸びになる計画でも上手くいきません。

総合的に考えれば、マンション管理士試験独学に必要な勉強時間としては、「700時間を1年間で」というのが最も適切であると言えましょう。

独学か否かで大きく異なる、マンション管理士試験対策の勉強時間

「1日3時間を1年間・・・、そんなの無理!」

そんな方は、まず独学以外の学習法を検討しましょう!
マンション管理士試験に限らず、勉強時間を短縮したいのであれば、専門の対策講座の活用が不可欠。特に通信教育を活用すれば、

  1. カリキュラム、学習計画がすでに完成している
  2. 必要な教材が難なく手元に届く、ただこなしていくだけ
  3. 法改正対策や疑問解消などのフォローあり
  4. 通学講座のような、通う手間がない

など、独学の場合には手探りだった試験対策が、ぐんと進めやすくなります。
資格は取得して終わりではなく、合格後からが本当の意味でのスタートです。

そう考えれば、さくっと取得して一日も早く実務家としてデビューしてしまうのが得策。通信教育を上手く活用して頑張りましょう!

コメントは受け付けていません。

Theme by Anders Norén