マンション管理士の魅力(難易度が高くても魅力満載です)

マンション管理士の難易度の高さが、密かに話題をさらうようになっています。

「マンション管理士なんて聞いたこともない!」っていう人もまだ多いでしょう。
しかし、マンション管理士という国家資格や試験の難易度が注目されるようになったことは、これからの人生、仕事やキャリアの面で行き詰まっている人たちにとっては、朗報かもしれません。
マンション管理士という資格は、難易度はそこそこ高いものの、その難しさを乗り越える方法があることは証明されています(実際に、うまい具合に試験に受かっている人が毎年出ています)。
それに、難易度の壁は低くはないですが、それを乗り越えてマンション管理士になることができたら、年収を上げたり活躍の場を増やしたりするチャンスが将来的に増えます。

マンション管理士は、時代が求めるニーズに対応するために用意された国家資格です。
マンションに住んでいる人の数は、相変わらず日本では非常に多いですが、多数の人数が1ヶ所に住むことで起こる無数の問題を解決することが、社会全体の課題となってきたほか、数十年前(つまりかつてのマンション建設ラッシュの時代)に建設されたマンションが揃って老朽化を迎えています。早急に建て替え等の必要性に迫られているマンションがまだまだ膨大に残されたままなのです。

マンション管理士は、平成13年に施行された「マンション管理適正化法」で制定されたばかりの資格ですが、たった10年得、すでに高い評価を受ける資格に成長したといえるでしょう。

マンション管理士の試験の受験者は、近年はどんどん減少していますが、これは資格ができたばかりの頃に、勢いで受けていた人が多かったことが原因ともいえます。
つまり、だんだんと国家資格として成熟し、「難易度が低くないため、マンション管理士はうかつに受けるべき資格でない」という事実が世間に浸透してきているのです。

マンション管理士の資格は、難易度の高さを考えると安直な気持ちで志願したほうがよい資格ではありませんが、それでも将来性の豊かさで考えたら、志願する価値が極めて高い資格でもありますね。
進路に迷っている人は、マンション管理士の難易度を克服する方法を探って資格を手に入れて、全国の無数のマンションを舞台にして活躍することを検討してはいかがでしょうか。